万葉軒の歴史

昭和3年当時、国鉄千葉駅は千葉市中央区要町(現在の千葉市民会館)付近だったことから、万葉軒は千葉駅の近くの要町で開業。 その後国鉄より構内立売営業の承認を受け、駅弁の製造を開始いたしました。 社名の由来は”千葉”にちなんで千より大きな万で万葉、あるいは万葉集の万葉から銘々されたと伝わります。 万葉軒が長年培った”望(お望みのものを)・喜(喜ばれるものを)・楽(楽しいものを)・味(美味しいものを)をテーマに、 千葉の駅弁の老舗の味を引き継ぎながら、千葉発全国へとリエイの食の製造拠点として運営しております。

 

   歴史写真2.jpg  歴史写真1.jpg    お弁当写真-2.jpg    お弁当写真1.jpg